半分白目日記

思った、ことを、書いて、いきます。

120話。スピーカーフォンの矛盾。カンちゃん放置されすぎ問題。より子ついに登場!

8月18日放送の120話。

土曜日ですがいつもの如く「週のまとまり」は感じさせないスタイル。

脚本家曰く、週単位ではまとめきれずに「零れる」らしいです。

こぼれすぎやろ。かっこよくないよ。まとめてくれよ。1週間で大きな問題を解決してスッキリさせてくれよ。

スポンサーリンク

 

とつぜんのスピーカーフォン

携帯電話を紛失した草太のために電話をかける鈴愛。

スピーカーフォンにして話す理由を

「電話で聞こえるほうの耳をふさぐと左耳だけで会話ができん」らしいです。

理屈はわかるんですけども。片耳失聴だから、それはわかる。

でも今日の冒頭で律と電話しながら花野と会話してたよね? 

「ゴ……ヘ……」て花野の言葉を、ばっちり聞き取ってたんですけど。脚本もそうだけど演出どうした? もういろいろボロがありすぎて面倒になっちゃった? それとも、こうしてツッコミがはいって視聴率が上がるなら手段は選ばないということか。

視聴率至上主義、民放テレビならまぁスポンサーの関係もあるとは思う。だけどNHKだよ。視聴率より満足度とか好感度を大事にしてほしいところですね。

じゃりン子カノ

今日も花野は鈴愛に放置されてました。地域で子どもを育てるとかそういう理想を描いているということですかね。

未就学児がひとりで近所に出かけるって、ちょっとどうかと思うんですがまぁ日本では罪にはならないですからね。

花野は萩尾写真館に侵入。翼に笑顔の写真を撮るように仕向け、翼にとっては初めて自分で撮影した写真の現像を「カンちゃんがやりた~い」と譲らず。

いやいやいや、そこは翼くんにやらせてあげようよ。普段、単身赴任の父親のところにやっと来られて、祖父と初めての写真現像を体験してるんだから。邪魔しないであげてよ…。図々しいところが鈴愛ソックリです。

より子登場

より子がついに登場しましたね。いつぶりかと思ったら、78話で鈴愛がより子宅へ突撃した以来でした。久しぶりすぎて「より子(律の妻)」とテロップが出ていて笑いました。

スピーカーフォン+ココンタでおしゃべり(盗聴)ロボットを作るアイデアをいち早く律に伝えようと、萩尾家に電話する鈴愛。

和子さんが息苦しそうに電話に出ます。もう、最近の和子さんがずっとハァハァ言ってて可哀相。電話なんてとらなくていいよ。休んでてくださいよ。

開口一番「おばさん、律おる?」と鈴愛。和子さんの体調を気遣う(フリをみせる)ために携帯じゃなくて家に電話してる設定はどうなった。和子さんすごい無理して電話に出たっていうのにさ。そういうとこだぞ鈴愛。

「律、おらんことはないけど……(嫁と出かけて今帰ってきたところ)」と言葉を濁す和子さん。義母の異変に気がついたより子、手を差し出して受話器を渡すように無言の圧力。ここ、すごい「コワイヨメ」みたいに描かれてましたよね。愛想笑いは最小限、声は荒げず落ち着いているより子はこのドラマにおいてはかなり「異質な人間」として存在させられています。でも、「半分白目」側の人間はだいたいこんな顔でドラマ見てるからね? だからより子にはすごいシンパシーを感じる。

鈴愛の電話により子が出てしまったことを、萩尾家の和子と律が「悪いことをしたのが見つかった」みたいな表情になっているのがなんとも。いやいや、どちらかというと萩尾家は被害者みたいなもんじゃない? 鈴愛&花野が一方的に絡んできているわけで。大丈夫だよ和子さん、堂々としてていいよ!

その他の細かいツッコミどころ

2号店をちゃんと開店して家賃を払ってくれというブッチャーに「鬼か!」と睨みつける鈴愛。いやー、普通に契約だから。鬼とか悪魔がするような契約と違うから。それに仙吉がかねがね言っていた2号店、とかじゃなくて鈴愛、アンタが言い出した店やろ……。

仙吉が残した五平餅レシピを見て「そうだったんや!」と目を丸くする鈴愛にも驚きました。昨日の放送で「師匠を超える味」を出してたのに。今さら?「技におぼれるとこやった」って。逆に、つくる工程を可視化してなかったの? そういえばタレも「もうちょっと甘いほうがいい」と仙吉にダメ出しされてたけど、分量とか決まってないの? え、どっちどっちど(自粛

 

来週は2号店がオープンするみたいです。

予告で見た2号店制服が太い赤ボーダーで、スズメのボーダー人生ここに極まれり、という感じ。

▼前話の白目感想

hanshiro.hatenablog.com

▼次話の白目感想

hanshiro.hatenablog.com