半分白目日記

思った、ことを、書いて、いきます。

132話。より子と修復しかけるも、呪いの笛に逆らえず術中にハマる律

第22週「何とかしたい!」土曜日

スポンサーリンク

 

和子からの薄くて重い手紙 

鈴愛から渡された母子手帳にはさまれていた手紙を読む律。

日付は和子がなくなる一週間前。律を「キミ」と言っていた癖をすっかり消して、晴と大差ない岐阜弁で「あんたの母親でよかったと思っとる」などと書かれていました。他にも何かいろいろ母から息子への愛がしたためられていた気がします。重いな。

一人息子だから愛情も全振りなんだろうけど、それなら孫の翼にもう少し愛情注いであげて。内容は紙ほどに軽いのに、愛情がやたら重いんですよ。

あと「がんばれ」とも書いてありましたけど、メンタル病んでるらしい律にその言葉はちょっと負担が大きいかと。まぁ和子さんはそんなこと知ったことではないか。

和子の感動的?な手紙が読まれるシーンでは、なぜか楡野家のピクニック風景が映ってましたね。人物が明るすぎてすごく合成くさかったんですけど本当にロケだったのかしら。皆そろっている場面がとくに。

健人が「仙吉さんの五平餅は任せてください」と言ってました。草太のカツ丼のことはすっかり五平餅で上書きされたみたいです。

風が吹いたとき、晴が「つかまえたくなる風やな」と扇風機発明へのフラグをせっせと立てていました。和子さんの笑い声(律)といい、風といい、梟町のひとはやたらと見えないものをつかまえたがりますね。幻覚かな。

律とより子の話し合い

突然の新幹線カットイン。なんともいえないフォントで「大阪」のテロップ。

律がより子と話し合っていました。なぜか喫茶店で。大阪の家じゃないんですね。なぜわざわざ外で話す必要があるのかと考えたのですが、あれですね。あえて人目につくところで話し合うことで声を荒げたり掴みかかったりと乱闘しないようにですね。他人がいれば多少は自制が効くので殺傷沙汰にはなりませんものね。

律はやっと本気出して家族のことを考え始めたようです。スタンフォードの近くに翼が編入できそうな小学校がある、今通っている私立小学校の制度も調べて大丈夫そうだったから、律が先にアメリカに行って環境を整える、と。律やればできるじゃん。

やっとまともになり始めた律を見て「ひどいことを言って怒らせてみたくなった。ずっとさみしかった」とより子も謝罪。より子がなんで謝らないといけないのかは置いておいて、いい感じじゃないですか。さらにより子の言葉を聞いたときの律の顔、驚きというよりは「あちゃー」みたいに見えた気がしますがこれにて一件落着じゃないですか? よかったよお二人さん。翼くんの姿が見えないけど塾かな。久しぶりにお父さんに甘えられるといいね。

律のアメリカ行きを聞いた鈴愛

夜、つくし食堂に一人で来た弥一。

律がアメリカに行くことになり、半年後にはより子と翼も呼び寄せるということを鈴愛に伝えます。いまから新幹線で律が帰ってくるとも。え……あんなにより子といい感じに修復しかけてるっぽいのに、日帰りで梟町に帰ってきちゃうわけ。大阪に泊まってきたらいいじゃん。翼くんと過ごしたらいいじゃん……。やっぱりだめだな律。

鈴愛に「和子さんがいなくなったあと、律を支えてくれてありがとう」となぜか礼を言う弥一。

鈴愛は「何もしとらん」と謙遜。何もしてないよね。むしろひっかき回してたイメージしかないよね。鈴愛は子どもの頃いじめられてたというエピソードを初披露し、そのときに律が助けてくれた、と絆をアピール。いじめられてたんですね。初めて知った。でも晴と宇太郎はそこは黙って聞いてるから周知の事実だったんですかね。視聴者だけが置いてきぼりだったみたいですよ。

弥一は「律は鈴愛ちゃんのこともあって、ロボットで難聴の人の助けになるようなものをつくろうとしている」と言ってました。それ、具体的にどういうロボットなのかな。周りの音すべてを文字にしてディスプレイに表示してくれるんですかね。雑音は自然にフィルターかけて人の声だけを拾って文字の色を変えたりとかしてくれるんですかね。具体的なことはよくわかりませんが、二人の絆は固いってことですね。弥一と鈴愛の話を聞いて宇太郎と晴がものすごく涙ぐんでましたけど意味がわからない。

その晩、花野と添い寝しながら「また、さよならやな……」とつぶやく鈴愛。ぜったいなにかたくらんでる顔です。

恐怖の5秒ハグ

朝、笛、律起床。いつもの光景です。数日前に「吹いてるのはどっちどっちどっち」でカンちゃんだったので、また花野と思いきや今回は鈴愛

二人してニヤニヤしながら川へむかいます。また川か。ちょっといい感じの話をする場所、だいたい川ですね。

前に花野からもらったプラスチックの笛を吹く律。この笛、半分、青い……だと? 前は気がつかなかったけど、よく見ると白と青のカラーリングになっているんですね。完全に呪いの笛です。それを吹いたら契約になってしまうよ。

ピーピーピー。「スーズーメー(笑)」

律、言いながら自分で笑ってるやん。アラフォー(片方は既婚)が朝っぱらから川に来てこれはないよな、って自分でも思ってるでしょ? 

そこへおもむろに律に抱きつく鈴愛。

笛が鳴らされたことで、呪いの儀式が始まってしまったんですね。

「5秒だけゆるして」って、抱きついてからもう5秒は過ぎてるとオモウヨ! それ、乾麺を茹でようとして鍋に入れてからタイマーをセットするときよりだいぶタイムロスしてるよ。そこも計算に入れないと。

そして律の5秒、長すぎ。いーち、にーぃ、って気持ち悪。鈴愛は律の耳元でニヤニヤしてるし。よう律、より子さんと翼くんのこともう忘れたんか? より子にあんなに調子のいいこと言っておいて、自分は川辺で幼馴染とよろしくやってるってか? それともまだプラトニックだから民法上の不貞にはあたらないってことですか? もういやこの幼馴染ハッピーセット。幼馴染とお別れするのに濃厚なハグをするって何なんでしょうか? またすぐ梟町で会えるんじゃないですか。アメリカ行って帰ってこないとかじゃないでしょ。

鈴愛も鈴愛ですよ。より子とうまくいきそう、アメリカ行くってきいたら目の色変えて本気出してくるんですもの。「バイバイ、律」ってかなり爪痕のこそうとしてますよね。だいぶ気持ち悪い。「恋愛の神様」とやらは恐ろしいですね。

「もう北川さんの代表作 ロンバケとは言わせませんよ」by 律。確かにね。代表作ロンバケではなくなったかと思いますよ。悪い意味で。  

▼前話の白目感想はこちら

hanshiro.hatenablog.com

▼次話の白目感想

hanshiro.hatenablog.com