半分白目日記

思った、ことを、書いて、いきます。

141話。スパロウリズム(笑)。全身麻酔が早すぎる

第24週「風を知りたい!」水曜日

スポンサーリンク

 

スパロウリズム(笑)

草太から連絡を受け岐阜に帰る鈴愛。
晴は夜中に体調が急変し、来週手術予定だったのが少し早まったとのこと。
今回も花野は留守番。光枝のもとに預けられ、なぜか律がついてきました。「お見舞いに来てなかったから」と言ってたけど、子どもは置いてきて幼馴染は同行、ってちょっとおかしい。孫に会わせてあげたらいいのに……と思いますが、ここ最近あまりに花野が不在なので子役のスケジュールが合わなかった可能性もありますね。
「ああ見えて策士」な晴を鈴愛たちと話させるために、席をはずす宇太郎と草太。どうやら鈴愛を律とくっつけようという魂胆らしいです。病気で生きられるかどうかの手術ってときにそんな色恋沙汰どうでもよくないですか。ましてやアラフォーの娘と幼馴染の恋路なんてさぁ…。相手は離婚したてだし、どっちも子どもがいるし。あくまで一人の人間としての恋愛模様しか描けないんでしょうね。
「わたしももう年やし、鈴愛にだれかいい相手がおらんかね」とド直球で律をたきつける晴。策士とは。

自称「人の気持ちがわからない」男、律も流石に察したようで「鈴愛と二人で会社を立ち上げました。そよかぜの扇風機をつくります。会社名はスズメと律でスパロウリズム」と返答。

新会社ふぎょぎょ、じゃないんですね。律がもたらした新情報に驚いた鈴愛でしたが、すぐに合意してハイタッチです。スローモーションなのが妙にイラっとします。あまり他のドラマの話を引き合いに出すのもどうかとは思うのですが、ハイタッチでどうしても思い出してしまうのが「義母と娘のブルース」ですよね。あちらでも佐藤健さんがハイタッチしてたけど、あちらはとても感動的だっただけに雲泥の差にびっくりです。

ちなみに「スパロウリズム」は北川悦吏子氏のインスタグラムのアカウントにも使われている名前ですね。

北川悦吏子 (@sparrow_rhythm) • Instagram photos and videos

インスタの初投稿が2017年で「半分、青い。」のロケ地岐阜へ行ったときのものなので、ドラマが決まってからお気に入りの名前でインスタグラムを始めたのかな。

大人はビール、子供は放置

律はすぐに帰り、シェアオフィスで正人と酒盛りです。いつも缶ビール飲んでる…もはや依存症なのかと疑ってしまいますね。

神宮球場から花火の音が聞こえると「花火のような恋…律は本当に鈴愛ちゃんのことが好きだよね。始まらない恋は、いいよね…終わることもないから…」とポエムをさえずり始める正人。アキコと失恋でもしたのでしょうか、あまり元気がない感じですね。酔っぱらってるだけかな?
津曲と恵子はラーメンを食べながらニコニコ動画らしきものを視聴。津曲の息子、修二郎がつくった曲だそうです。そういえばそんな設定ありましたね。岐阜犬に相談してた。津曲は離婚していて中学1年生の息子とは1年前に会ったきりだそうですよ。このドラマ、こんなんばっかりですよね本当。親からもらう愛には貪欲なくせに、自分の子どもに愛情を注いでいる姿がまったく見えない。
恵子のオフィスに書かれた鈴愛の目標「お母ちゃんのオペは絶対に成功する!」に津曲がツッコんでました。普通こういうこと書かないでしょ、と。

恵子は「普通では隠すようなことでも見せていくことが強み。人とちがうってことは、何かの花が咲く種があるってこと」と鈴愛教の信条を朗々と語ります。恵子さんまで完全に取り込まれちゃった…。津曲だけは鈴愛に異を唱える存在であり続けてほしいけど、最終的にはやられちゃうんだろうなぁ。

全身麻酔が早すぎる

晴の手術中。家族で待っているあいだ、鈴愛は熱心に流体力学の本を読んでいました。律が残していったそうです。何も手につかない時だからこそ、今に負けないために鈴愛は頑張りますと廉子。あるときは心情を解説し、ある時はカメラ目線の人物と掛け合いをする…ナレーションが無敵すぎてもう。そんなになんでもわかるなら鈴愛が小学二年生のテストもわからないのに熱心に専門書を読み続けられる理由を教えていただきたいです。
本の隅にはパラパラ漫画が描かれていました。律が夜なべして描いたものらしい。すごい執念ですね。漫画では手術が成功した晴が扇風機でそよかぜをあびてめでたしめでたし。それを見た鈴愛は「ちょっと、トイレ」と席をはずします。トイレで何をした。泣いたか。泣いたのか。トイレに借りた本を持ち込むのやめましょう。持ち込みどころか、蛍光ペンでガンガンに線引いてるし。律のものは鈴愛のもの、律は鈴愛のもの。スズメイズム発動です。
手術中のランプが消え、ベッドに横たわった晴が出てきました。目覚めて家族に微笑む晴。手術、無事終わりましたよ、と看護師。これ、ぜんぶ廊下で行われていますからね。全身麻酔の手術だったのに、終わってすぐの廊下で目覚めちゃうんです。スーパードクターとスーパー麻酔医すぎます。晴もまるで単なるうたた寝から目覚めたかのようなスッキリした顔です。廊下で看護師が手術のことに言及するのもおかしいですよね? 晴の鼻や口に呼吸器らしきものも全く付いていないし。そこは女優的にNGだったんでしょうかね。何もかもがおかしい。スタッフもおそらく晴が病室に帰ってきて目覚めるのを待つあいだにでもパラパラ漫画読んどけって思ったでしょうに、脚本を変えるとTwitterでキーキー言われるので黙って実行したんでしょうね。本当にお疲れ様でした。

▼前話の白目感想はこちら

hanshiro.hatenablog.com

▼次話の白目感想

hanshiro.hatenablog.com