半分白目日記

思った、ことを、書いて、いきます。

155話。ノベライズ版と変えてきたユーコの遺言。ここへきて尺余り。残り1話

最終週「幸せになりたい!」金曜日

スポンサーリンク

 

裕子の信者っぷり

仙台の浅葱宅。洋二から裕子の話を聞く鈴愛。裕子は生前、鈴愛の話ばかりしていたそうです。え、鈴愛が裕子の話をしているところなんて見たことがないけど…。

裕子はそよ風ファンのことも気にしていて、出来上がったら病院にも置きたいと夢見ていたと。そよ風ファン、すごい高価だけど全病室に完備するのかな…。

鈴愛の話をするときの裕子はあまりに嬉しそうなので、洋二はやきもちを焼くほどだったそうです。それ、洗脳だから。教祖の話しかしない信者ですよ。もしくは、裕子によっぽど他の友人がいなかったのかな。いくら親友とはいえ、もう遠いところに住んでいるんですよ。しかも家族と面識がないのに、その人の話ばかり延々としてたら心配になりますよね。

秋風からの手紙

スパロウリズムの律のところへ立ち寄った正人。えー、ものすごく久しぶりじゃない? マア君、スパリズ結成からほとんど姿を見せていなかったけど無事だったんですね。

秋風羽織からスパロウリズム宛てに速達が届きます。律と鈴愛の連名だったこともあり、封を切る律。「人生は希望と絶望の繰り返し~云々~私なんかは、そう思います~云々~とにかく希望を持って」などと書かれた短い手紙です。トヨエツの声は本当に素敵なのですがいかんせん内容がペラペラすぎて右から左に抜けていくようです。

律は鈴愛を守ってる?

「律は仙台行かなくてよかったの?」と聞く正人に「俺がいたら余計かと。鈴愛は裕子ちゃんにとって特別な存在だった」と律。そうだね、裕子が鈴愛にとってではなく、鈴愛が裕子にとって特別だったんだね。裕子だけが鈴愛の話をずっとしていたそうだし。でもなぜ律にそれがわかるのかは、謎です。

正人曰く「律はどこにいても、ずっと鈴愛ちゃんを守ってる」そうだけど。律も「俺の役目はそれなんで」とドヤってるけど。なんだそりゃ、です。あなた一度、サヤをとって鈴愛と離れてるし。より子と結婚して子供もいるし。一体どういうことなの。正人も「了解致した」じゃないよ。了解できないよ。

裕子の遺言

裕子のスマートフォンの中に、録音が残されていたそうです。microSDを取り出し、鈴愛に聴かせる洋二。リビングに裕子のボイスが響き渡ります。じっと聴き入る二人。涼ちゃんがいたら絶対笑っちゃうこんなの。コントだったら絶対なにか面白いこというパターン。

裕子の遺言は息子のクウちゃん、夫の洋二、ボクテ、鈴愛それぞれにむけて残されていました。トリが鈴愛なのは当然ですよね。なにしろ特別な存在ですから。

鈴愛、生きろ! 私のぶんまで、生きてくれ!
そして何かを成し遂げてくれ! それが私の夢だ!

このあと患者に呼ばれ、録音は終了。

なんと、ノベライズ版で最後にあった「時間が余ったからユーメイドリームをアカペラで歌う」部分はカットされていました! NHKのせめてもの良心でしょうか。

▼ノベライズ版に関する参考記事
ユーコが歌う「ユーメイドリーム」は必要なのか(ネタバレ要素あり)

いや、超マイナスからのスタートなのでまだマイナスですけど、あのふざけた部分はカットされたんですね。そもそも看護師が「上にあげられない患者さんに付き添ってその横でスマホに遺言を吹き込む」こと自体かなり変ですが。

遺言を聞き終えた鈴愛はひとりで海辺を放浪しながらユーメイドリームを歌っていました。漫画家をやめて秋風ハウスから引っ越したときにユーコと立ち寄った場所ですかね。一度立ち寄っただけの場所で思い出に浸る、それも海の近くかよと思いましたけど久しぶりのロケで解放感がありましたね。おそらくこのときのためにずっとセット撮りで閉塞感を出していたのでしょう。

フーテンの鈴愛

海辺を放浪して吹っ切れた感じの鈴愛、スパロウリズムに戻ってきました。カンちゃんは岐阜に預けっぱなしか。鈴愛はいいね。交通費も子どものことも気にせずあちこちフラッと行けて。寅さん並みに自由だね。寅さんほどの人情はこれっぽっちも持ち合わせていないけどね。いっそトレンチコートは肩に引っ掛けて、ベージュの帽子をかぶってトランク持ってたら分かりやすいと思う。

鈴愛は「律、そよ風ファン作ろう!」と宣言。いや、あなたが居ないあいだずっと作ってましたよ。おもに津曲が奔走してました。いますよねこういう人。自分がずっと待たせてたのに「お待たせ」とも「ごめん」とも言わずに、「さあ今からやるよ!」と声高らかにスタート切ろうとする人。いつだってスタートを切っていたい、でしたっけ? もうみんなとっくに走り出してるから。今日はあちこちポエムが散見されて尺余り感がひどかったですが、明日はいよいよ最終回です。

▼前話の白目感想はこちら

hanshiro.hatenablog.com

▼次話の白目感想

hanshiro.hatenablog.com