半分白目日記

思った、ことを、書いて、いきます。

139話。律と鈴愛の仲違い終了。この広い野原いっぱいのそよ風

第24週「風を知りたい!」月曜日

スポンサーリンク

 

絵は相変わらず上手い

つくし食堂。晴に入院用のパジャマをプレゼントする鈴愛。新宿のデパートで購入して送り状を書いているときに思い立って電車に飛び乗ったそうですよ。衝動がおさえられなさすぎ。梟町のベティー・ブルーですね。

名古屋の病院は立派なところで風が入らないから、鈴愛に「絵を描いてほしい」とねだる晴。病室に飾るそうです。即興で絵を描き始める鈴愛。絵に関しては9歳の頃にクレヨンのフリーハンドでめちゃうまいあしたのジョーをさらさらっと描いちゃうほどの神童っぷりを発揮してましたから、風景画もお手の物です。

風景画を見た晴は「あそこやろ、お墓参りの途中の、ピクニックする丘や」とはしゃいでいましたけど、お墓参りって縁起悪くないですか。これから手術するっていうのに…。他に屋外で思い出の場所がなかったんでしょうけど。家族でピクニックして晴が「つかまえたなる風やな」とか言っていた丘ですね。

鈴愛の思考回路

晴が昔を思い出してホッコリしているところに鈴愛が「律がおらんくなる」と激白。思わず晴さんと一緒に(°Д°)ハァと言ってしまいましたよ。ここまで見ていて初めてシンクロした。

鈴愛にとっては

小さい頃を思い出す→幼馴染→律!→こないだ怒らせてまった→おらんくなる!

という思考だったんでしょうけど。あまりに思考回路が唯我独尊すぎて終始ついていけません。

晴は「あんたが漫画家になりたいって言ったときも律君は応援してくれた」と鈴愛の記憶を無事に回復することに成功。つか鈴愛、言われないとわからないって相当ですよ。自分は衝動的にやりたい放題しているのに涼ちゃんにしろ律にしろ相手が好き勝手しようとするとキレるっていう矛盾に本気で自覚がないんですね。

謝りに来る鈴愛

律のアパート。どこぞに電話で1万円分の薔薇の花束を注文しています。メッセージは「結婚おめでとう。お幸せに」だそうで、より子に贈る花でしょうね。え、でもなんで再婚でやっと縁を切れるはずの前夫からお祝いの花束が贈られてくるの? 怖すぎでしょ。律は前に鈴愛と今生の(笑)別れをしたときも七夕の短冊を持ち去っていったし、粘着質ですよね。こわ。あと翼くんのことも心配してやって。それが一番でしょうよ。

インターフォンが鳴らされ、鈴愛がのこのこと謝罪にやってきました。ごめん、と言って頭を下げます。あら珍しい。頭下げられるんですねこの子。さっさと律の技術力でもって扇風機を開発しないといけないですからね。展開が速いです。ちなみにカンちゃんは家に置いてきたそうです。40分のテストをやらせてるから時間内に戻らないとアカンそうですが、こんな夜に小学2年生をひとりで家において、その子がものすごく懐いている男性のところに単独で行くのかぁ…。そうか……。

律も律で「お前にはずっと怒ってられん。生まれたときから隣にいたし」と骨のないことを言って仲違いはすぐさま終了。なんか律、前話でキレたあたりからキャラ変わってませんか。言いたいことストレートに言ってますよね。前のモゴモゴした律はどこに行ったんでしょう。表情筋もよく動くようになってるし…ギボムスのほうに引っぱられている感は否めないですね。まぁ、あの律が戻ってこなくてもいいですけど。

あれに向かって進め

そろそろ40分経ったはずの鈴愛は帰る素振りを見せながらまだ律とくっちゃべっていました。なんのためかというと、律がつくりたいものを見つけるためです。どうしてもあと3分くらいのあいだに見つけて次話につなげなければなりません。そう、私たちはみな都合という名の電車に乗っているのです。

「お母ちゃんが病院では風が吹かないっていうから野原の絵を描いたった」という鈴愛に、そういえば和子も外に出たがっていたと話す律。そして和子がよく歌っていた「このひろい野原いっぱい」を歌い始めます。アカペラで急に歌うのやめて。びっくりする。

この広い野原いっぱい

この広い野原いっぱい

  • 森山良子
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

「なんや聞いたことある歌やな」とニヤニヤする鈴愛。いいからカンちゃんのところにはやく帰ってあげて。

律がさらに歌詞を教えると「ほやったらお母ちゃんには野原いっぱいのそよ風をあつめてあげたい」と言う鈴愛。あんたのお母ちゃんも大事だけど、あんた自身もお母ちゃんなんやで。カンちゃん待っとるで。

鈴愛の言葉を聞いた律に電撃が走ります。程度で言ったらガラスの仮面で北島マヤが演じたヘレン・ケラーの「ウォーター」の50分の1くらいの衝撃かな。あんまり大げさにやるとまた律のキャラが崩れちゃいますからね。「そよ風を…あつめて…! それや! そよ風の扇風機!」と辿り着いて終了です。やっと、会えたね。あれ? てことはアイデアを出したのは律ってことになるんでしょうか? どっちどっちでもいいか。 

▼前話の白目感想はこちら

hanshiro.hatenablog.com

▼次話の白目感想

hanshiro.hatenablog.com